YouTubeアナリティクスの効率よい活用方法を解説した動画です。

 

【動画を見た視聴者の反応】

こんな機能があることは知りませんでした。youtubeの需要や視聴層からいろんなことがわかってくるんだろうなと感じました。

 

自分がアップした動画について、アナリティクスを活用することで、どのような動画が視聴者に喜ばれるかが分析できる。
その注目ポイントがよくわかりました。

 

YouTubeのアナリティクスを活用することで、登録した動画の視聴状況(指定期間内の再生回数・再生時間・利用者「男、女比率・年齢層」など)を確認出来、
その結果を元に動画資源の管理(視聴頻度の低い動画は整理するなど)を行う際の判断材料とすることができる。

 

この方の動画は画像が悪くて大変見にくいです。文字が全く見えませんでした。
この方の動画をまた見ようとゆう気にはなれませんでした。

 

YouTubeアナリティクスの見方、そのデータからどういったことがわかるのか、ということが素人にもわかりやすく説明されていた。

 

ユーザーの男女比率や年齢層、再生場所などそれだけではただのデータだが、しっかりと分析し、そこから視聴者のニーズを推測し、よりよい動画の作成につなげていくことが重要であると感じた。

 

動画の再生回数や再生された時間が大事というのはわかるのですが、解説されている方の『えー』や少しなまりが入っているせいか動画を集中してみようとは思えませんでした。