YouTubeで稼げると不安?稼げるようになった後のリスク分散を解説した動画です。

 

レビュー:★★☆☆

《ここがオススメ》

リスク分散をして、長く稼ぎ続ける方法がわかるのでオススメ!

《この動画の要約》

・「稼げる=安泰」ではない!

【稼げるようになった後の問題】

・ビックチャンネルは危険!

→稼げるようになると、ある程度大きなチャンネルができているはず。

チャンネル登録者増加、再生回数増加

・僻みや妬みの通報が増える。

→YouTubeで稼げることをある程度知っているが、実践していない人が多くいる。

稼ぐチャンネルがわかると、僻んだり妬んだりする。

通報

・通報でチャンネルが削除されることがある。

→チャンネルが大きくなり、露出が増えたことによるリスク。

・すぐ削除されるからYouTubeはダメという訳ではない。

→リスクに対する対応策を練ることが大事!早めに手を打つ。

【対策1】

・チャンネルを分散させる

・1チャンネルで月50万稼ぐより、月5万稼ぐチャンネルを10個持つイメージが理想。

→1つのチャンネルが被害を受けても、ダメージは最小限。

※仮に1つチャンネルが削除されたとする。

1チャンネルのみ →稼ぎが50万から0円になる。

10チャンネル保有 →稼ぎが50万から45万になる。

・複数のチャンネルでしっかり稼ぐ。

・大きいチャンネルができてしまったら目立たないように工夫。→動画のアップロード数を減らす等

【対策2】

・別の収益の柱を作る

・プラットフォームに依存するものは、少なからずリスクがある。

例)YouTube、Twitter、Facebook、無料ブログ 等のサービスを提供している所

・別の収入の柱を作り、片方に何かがあっても別の収入が得られる状態を作る。

例)YouTubeとTwitterの両方をやる/YouTubeと物販をやる

・メルマガ、ブログ等の情報発信がおすすめ。

→プラットフォームに依存しない。読者のアドレスが顧客リストとなる。何かあっても再配信できる。

→ブログはWordpress等の独自ドメインを取る。

※無料ブログはプラットフォームに属するので、リスク回避にはならない。

◎しっかりとリスク分散を!

稼げるようになっても、一過性のものでは意味がない。

稼ぎ続けなければビジネスとは言えない。

しっかりとリスク分散し、長く稼ぎ続ける仕組み作りが大事

《一言》

ある程度稼げるようになると安心してしまいますが、リスクはつきものです。

何か起こってからでは遅いという意識を持ち、事前にしっかりリスク分散しましょう。

長く稼ぎ続けて、精神的にも金銭的にも自由な生活を手に入れましょう。