【トレンドアフィリエイトのコツ】ニュースをネタにするときのキーワード選定を解説した動画です。

 

レビュー:★★★☆

《ここがオススメ》

・ニュースネタで、アクセスを集められるキーワード選定の方法がわかるのでオススメ!

《この動画の要約》

・ニュースをネタにキーワード選定をするポイント、注意点の解説

 

【ニュース系のネタの特徴】

・トレンドアフィリエイトのネタ選定で、ニュースサイトを情報源に使う人は非常に多い。

・ニュース系のリアルタイムの話題は検索されやすい。

→比較的簡単に、短期集中的に多くのアクセスを集めやすい。

・キーワード選定を間違うと、全くアクセスが集まらない。

 

【ニュース系トレンドの前提】

・スピード感を大切に。

→第一報からあまり時間が経っていないものを選ぶ。

・ニュース系キーワードの検索数の一般的な流れ

→第一報が報じられると、急激に右肩上がり。ピークを迎えると急激に右肩下がり。

<例外:急に検索数が落ち込まないもの>

・続報が出てきて盛り上がっていくニュース。

・2ちゃんねる等のまとめサイトで話題になるニュース。

・検索が右肩上がりになる前に、記事は書く。

・ピークが過ぎてから記事を投稿しても、検索数が下がりアクセスが集まらない。

・ライバルに後れを取ると、上位表示は難しい。

 

【第一報から後れを取った時】

・関連キーワードを大きくずらす。

→ライバルが少ない所を狙う。ずらしの幅を大きくする。大手サイトと被らず、他のトレンドサイトと視点をずらす。

→ニュースを見た人が、次に気になることを意識してキーワード選定。

・クリックしたくなるような魅力的なタイトルをつける。

→1ページ目に収まるレベルであれば、上位サイトに勝てる可能性がある。挽回可能。

 

【ニュースサイトを使ったキーワード選定】

・絶対にやってはならないこと

→ニュースのタイトルに含まれるキーワードを、そのままキーワードとして使うこと。

ニュースサイト自体や配信元がライバルサイトになる。

絶対に上位表示できない。時間の無駄。

※大手サイトはSEOが強い。トレンドサイトに勝ち目はない。

・ニュースを見た人が、次に気になること、検索しそうなことを考えるのが難しい場合。

→ goodkeyword等のツールで、関連キーワードを洗い出す。

選んだキーワードで検索

・2ちゃんねる系のまとめサイトが上位表示されているキーワードは、絶対に外す。

※まとめサイトもSEOが非常に強い。個人のトレンドブログに勝ち目はない。

・トレンドサイトが上位表示されているキーワードは、狙い目。

※まとめサイトが表示されていても、タイトルにキーワードが全て含まれていなければ勝ち目あり。

・参考にしたニュース元と内容が一致しなくても良いという意識を持つ。

→ニュースを見てわかることを、同じキーワードで検索する可能性は低い。

・積極的に話題をずらして、ニュースでは語られていない内容でキーワードを選定し、記事を書く。

《一言》

ニュースをネタにした記事は、大手ニュースサイトやまとめサイトと競合してしまいます。

アクセスを集める記事を書くためには、関連キーワードのずらしテクニックが必須です。

上位表示させるためにも、関連キーワードのずらしを意識して、しっかりキーワード選定しましょう。