a616237afe2f915b320a358d43339c7b

YouTubeアフィリエイトでアドセンスをするとき

いったいどのくらい再生されればどのくらいの収入ができるのか

気になるところですよね。

 

時期や動画の内容、動画の長さなどによって変化がありますが

基本的には「1再生が0.1円」と思っていただければ大体あっています。

 

つまり1日10万再生されれば1日1万円になります。

 

「10万再生なんて途方もない数字だなぁ~」

なんて思うかも知れません。

 

もちろんこれは1つの動画でなくて、自分の作った動画のトータルで

10万再生でOKです。

 

自分の動画が100個あれば、1個の動画につき1000回再生されれば

10万再生ですよね。

 

ちなみに私は何度もチャンネル削除された後

復帰して10日で100万再生の動画1本、10万再生の動画3本作ることができました。

 

ある程度YouTubeのノウハウを身につければ、

このようなことも不可能ではありません。

 

また、動画の内容にとっても1再生当たりの金額は変わってきます。

 

一般的に「おもしろい動画」を作れば1再生あたりの金額は増えますし、

「つまらない動画」を作れば1再生当たりの金額は減ります。

 

(ここでいう「おもしろい動画」とは笑える動画という意味ではなくて

全般的に感動したり、ためになったり、泣けたりする

いわゆる「評価の高い動画」の意味です)

212

これは「おもしろい動画」は、視聴者も見る時間が長くなるので

それに伴って、広告に接する時間も増えます。

 

広告を見る時間が増えれば増えるほど、

広告収入が増えるのは、しごく当然のことですよね。

 

また動画の時間が長くなれば、それだけ

1本当たりの動画の収入は増えます。

 

通常2~3分ほどの動画の広告のクリック率は

1~3%くらになります。

 

しかし10分を超えるような動画ではクリック率が

7%を超えることもあります。

 

もちろん、ただだらだらと長いだけの動画ではなくて

それなりにおもしろい動画である必要があります。

 

でもどうして、長い動画やおもしろい動画は

広告のクリック率が高くなるのでしょうか?

 

これは想像ですが、「良質な動画」にはYouTube側が

「良質な広告」をつけるものと思われます。

 

ここでいう「良質な広告」とは私たちアフィリエイターにとって

良質な広告という意味です。

 

例えばクリック単価が高かったり、クリックされやすい広告だったりです。

 

つまりYouTubeアフィリエイトで稼ぐためには

「つまらない動画を量産」していくよりも

「おもしろい動画をしっかり作る」ほうが

結局稼げることになるのです。

 

おもしろい動画を作っていくようにがんばりましょうね(^_^)

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう