読者を中毒状態にして、

かっちり稼ぐマリファナコピーライティング

4回目は「ドラえもんヒットの理由はジャイアンのおかげ?」

というお話です。

 

前回のブログ記事

サンタクロースは嘘つき?コピーライティングで嘘を本当に思わせる方法

では、ストーリーの重要性を解説しました。

 

今回は、おもしろいストーリーを作るための

ポイントを解説します。

 

面白いストーリーには、いくつかの要素があるのですが

その要素の一つが「」です。

 

ドラえもんの主人公のび太には

「ジャイアン」という敵がいます。

 

ジャイアンがいるから、

話がおもしろくなっているのです。

 

逆に、敵のいないストーリーってどうでしょうか?

 

敵(怪獣)のいないウルトラマン

敵のいないドラクエやファイナルファンタジー

 

おもしろくないどころか、

ストーリーとして成り立ちませんよね(^_^;)

 

そのぐらい、敵って大事なんです。

 

ドラえもんのストーリーにはジャイアンがいます。

弱虫のび太が、ジャイアンにいじめられる。

ひみつ道具を使って、ジャイアンに仕返しをする。

 

これが王道のストーリーです。

 

面白いストーリーの基本は「敵を倒す」です。

 

ウルトラマンだって、ドラクエだって

敵を倒すから面白いのです。

 

水戸黄門だって、スタウォーズだって

敵を倒すから面白いのです。

 

あなたの作るストーリーに敵はいますか?

 

「敵なんていません。

自分が作るのは、健康系のブログだったり

お金儲け系のブログです。

そんなブログに怪獣やモンスターなんて出来たら

わけのわからないブログになるじゃないですか!」

 

もしかしたら、あなたはそう思うかもしれません。

 

でも敵って、何も怪獣やモンスターばっかりじゃないんですよ。

 

周りは敵だらけ

ジャイアンだって、確かにいじめっこですが

怪獣ってわけではありません。

 

ストーリーでは「主人公の目的達成を阻むもの」は

全て敵だと考えるのです。

 

例えば野球マンガなら、ライバルは敵になるのです。

強いライバルがいれば、ストーリーは面白くなります。

 

ダイエットなら「食欲」や「運動できない理由」が

敵になるのです。

 

サラリーマンなら「辛い残業」や「理解してくれない上司」

「ライバルの同僚」「リストラ」「少ない給料」

 

いくらでも敵がありますね。

 

そしてストーリーの目的は、敵を倒すことです。

 

ですから、おもしろいストーリーを作るには

「敵を設定し、その敵を倒す」ということです。

 

例えば、あなたがダイエットマシーンを販売するとします。

 

「このダイエットマシーンを使うと痩せますよ」

なんて宣伝しても、誰も買いたいと思いわないんです。

 

だって、ストーリーが面白くないですから。

 

商品を販売するときには

面白いストーリーを作ることが大事です。

 

「ダイエットで大事なのは日頃の運動です。

でも毎日ウォーキングしようと思っても

夏は暑いし、冬は寒いし、雨だってふりますよね。

このダイエットマシーンがあれば、そんな悩みも解決です。

エアコンの効いた室内で、テレビを見ながらウォーキング。

これなら運動嫌いの人も毎日運動が続けれますよ。」

 

って宣伝するのです。

これなら、何だか買いたくなりますよね(*^^*)

 

それは「夏は暑いし、冬は寒いし、雨も降る」という

敵をストーリーに作ったんです。

そして自分の販売している「商品」を使えば

その敵を倒してくれるというストーリーです。

 

今のは即興で作ったストーリーなので

それほど買いたいと思わない人もいるでしょうが

強い敵」を作って「それを倒す」ということが出来れば

商品はどんどんと売れていきますよ。

 

小泉元総理が大勝利した理由は?

2001年の総選挙で大勝利した自民党。

では、小泉元総理はなぜこんな大勝利できたのでしょうか?

 

「郵政改革が国民の真意だったから?」

なんて思っていたら大間違いです(^_^;)

 

答えは小泉元総理が「巨大な敵」を作ったからです。

 

国民は自民党の政治に辟易していたのですが

それでも、「仕方ないか・・・」と諦めていました。

 

そこに小泉さんの

「自民党をぶっつぶせ!」

「抵抗勢力を倒せ」

というスローガンです。

 

小泉さんは自民党の大物たちを敵にしたんですね。

 

国民はこの「敵を倒すストーリー」に魅せられて

小泉さんに投票したのです。

 

このストーリーって最近でもありましたよね。

東京都知事選で大勝利した

小池百合子知事です。

 

彼女も自民党なのに、自民党を敵にして

選挙に勝利したのです。

 

敵を作るストーリーの効果って

スゴイと思いませんか?

 

恋愛にも使える敵とは?

あなたはロミオとジュリエット効果ってご存知ですか?

 

ロミオとジュリエットはシェイクスピアの作品で

お互いに結婚に反対された二人が

恋に燃えあがるというストーリーです。

 

そしてロミオとジュリエット効果とは

特定の目的を持っている場合、

障害があった方が逆にその障害を乗り越えて

目的を達成しようとする気持ちが高まる

という心理現象です。

 

つまり、お互いに共通の敵がいれば

仲間意識が強くなるということです。

 

あなたも、誰かと仲良くなりたければ

共通の敵を作れば良いのです。

 

恋愛で成功したければ

好きな人と同じ敵を作ります。

 

この場合、敵は人間とは限りません。

仕事だったり、トラブルだったり

相手が障害だと思っているものなら

なんでもOKです。

 

そして一緒にその障害を克服する

↓↓↓

つまり敵を倒すわけですね。

 

こうすれば、あなたと好きな人との関係は

ずっと結びつきが強くなります。

 

あなたが商品を販売しているのであれば

お客さんが障害と思っていることを

一緒に克服してあげるのです。

 

「この商品があれば、あなたの敵(障害)は倒せます。

一緒に敵を倒しましょう!」

 

こうすれば商品は売れるわけです(*^^*)

 

敵を作るストーリーの強力さが理解できましたか?

 

次回は、敵を倒すためのストーリーを

更に盛り上げる方法を伝授しますね。

 

次回のブログは

「パンチラ理論のすごさって知ってます?」

 

私の作ったパンチラ理論

 

これって何がすごいかわかりますか?

ヒントは「ウルトラマンとの共通点」です。

 

では、次回のブログ更新をお楽しみに(*^^*)

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう